銀行カードローンを申し込む際の審査基準に関して

銀行カードローンを利用する方も増えてきましたが、お金の融資を受けるための審査基準を知っておくと、よりスムーズに利用することができます。

 

ここでは銀行カードローン申し込みの、審査の基準についてご紹介したいと思います。

 

★★★銀行カードローンで一番人気!三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

 

 

返済能力の確認

銀行カードローンを利用するにあたり審査で重要になってくるのは、どれほどの返済能力があるかという点です。安定した経済力をもっており返済能力がある人ほど、審査に通りやすくなるのは当然のことです。

 

もし安定した経済能力をもっていないと、返済が遅延したり返済不能に陥ったりすることがあります。銀行カードローンの審査基準ではこの経済能力という条件があり、年収が高くて経済的に安定している人ほど審査に通過しやすくなります。

 

安定した収入の確認

銀行カードローンでは収入の安定性も審査基準の重要なポイントの一つです。職業によっては毎月の収入が多かったり少なかったり不安定な方もいますが、銀行カードローンでは収入が安定しているほうが審査に通過しやすくなります。

 

一時的に高額を稼げる不安定な方よりも、収入が少なくても毎月安定した収入のある方の方が、審査には通過できる可能性が高くなります。さらに仕事に勤務している期間も一つのポイントになっています。

 

仮に在籍確認がとれて毎月の収入があっても、まだ就職して数ヶ月だけの場合にはすぐにやめてしまう可能性があるので、長期間にわたり安定して働いている方の方が審査に通過しやすいでしょう。

 

ローンの残高がどれほどあるか

銀行カードローンの審査基準の中でも、他のカードローンを利用しているかどうか、どれほど残高が残っているかが重要なポイントの一つです。

 

住宅ローンや他の金融機関のカードローンがあると、審査に通過しにくくなります。ローンの残高が多ければ多いほど、毎月の返済がより難しくなりますから、銀行カードローンの審査基準に達しないことがあります。

銀行カードローンの審査は厳しい?それとも甘い?

銀行といえば住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどの利用目的を限定した貸付を行っており、それらを利用する人は大変多いものです。

 

しかし、誰でも簡単に融資が受けられるわけではなく、申込者の社会的信用を厳格にチェックする銀行の各ローンの審査を通過することは、そう簡単なことではないのです。

 

それは実際に申し込みをしたことがある方や現在利用中の方ならよくご存知のことでしょう。

 

ただその反面、銀行カードローンについては審査基準が甘めです。できるだけ多くの方に借り入れしてもらって利益拡大につなげたいという意図はお堅いイメージの銀行にもあるわけですから、カードローンについては審査のハードルを下げて積極的な融資を行っているのです。

 

また、消費者金融系カードローンと比べると銀行カードローンは金利が低いという特徴もあります。融資限度額についても一般的な銀行カードローンは50〜500万円というところで、これだけ幅広い範囲での融資に対応してくれるというのは大変魅力的です。

 

銀行カードローンはなぜ審査が甘め?

銀行カードローンの審査が甘めという口コミが広がっている理由、まずそれは収入が低めでも審査を通過する見込みがあるからです。銀行におけるその他の貸付の審査では、申込者自身のしっかりとした返済能力を裏付ける証拠として、収入が高めであることが求められてきました。

 

その点、銀行カードローンの場合はもちろん返済能力については一定基準を設けて審査を行っているものの、たとえ低めの金額であっても毎月安定的な収入を得ているならば利用可能、という風に審査基準を緩やかにしているのです。

 

そして消費者金融系カードローンが貸金業法に定められた総量規制により、申込者の年収3分の1を超える貸付が行えないのに対し、銀行カードローンはこの法律とは無縁であるため、年収3分の1を上回る貸付も自由に行えるという強みがあります。そのため、申込者が比較的大きな額の融資を希望しても柔軟に応えてくれる可能性が高く、この点でも銀行カードローンは審査が甘めと評価されているのです。

「銀行」と「銀行系」とそのほかのキャッシングの違いについて

キャッシングを行う上では、どの金融業者から借り入れするかということが重要なポイントとなります。最近でも、違法業者による貸付のニュースなどをよく耳にすることがあります。

 

本来なら、誰も進んで違法業者から借りたいとは思いません。それでもいまだにあるということは、ニーズがあるということもまた事実なのでしょう。その点について、少し詳しい説明をしていきたいと思います。

 

まず、キャッシングのサービスを提供している会社には大きく分けて、「銀行」と「銀行系」、そしてそのほかの3つの種類があります。それぞれどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

 

信頼度の高い銀行カードローン

銀行といえば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、そして三井住友銀行といった大手がすぐに思い浮かぶと思います。このような銀行でキャッシングを利用するには、まずその銀行に普通預金口座を開設していることが前提となります。

 

銀行に口座を持つということは、その時点ですでに最低限必要な手続きや審査が済んでいるということになるためです。ただし、口座を持っていればすぐ利用できるというわけでもありません。その上で、さらにキャッシングを利用できるかどうかの審査が必要となります。

 

この審査は基本的に消費者金融にくらべ、内容が厳しいため時間も長くかけて行われます。したがって、すぐにでも借りたいという場合はあまり向いていないといえるでしょう。利点としては金利の低さや、ATMや支店が多く利用しやすい、そして何より大きいのが、銀行に対する大きな信頼感です。

 

まとまった資金に適した銀行系カードローン

これに対して「銀行系」というのは、資本に銀行が入っている金融機関を指します。金利も銀行から直接借りる場合にくらべると高くなりますが、消費者金融よりは低く抑えることができます。

 

また銀行と同じように、融資限度額が高めというのも利点のひとつでしょう。特に大きな資金が必要であったり、また複数の金融機関からの借り入れをまとめるときに向いています。

 

ただし、その分だけやはり審査は厳しめで、時間も長くかかるというデメリットも同時にあります。

 

誰でも借りやすいそのほかのカードローン

そのほかの金融機関には、資本に銀行が一切入っていません。特徴としては銀行や銀行系とは正反対で、審査は比較的通りやすく、借り入れまでもスピーディーに行われるのですが、その分だけ金利は高めに設定されています。

 

限度額も同様に低く、おおむね数十万円程度といったところです。やはりある程度しっかり返済できる確証がなければ、金利を高めに、限度額を低く、というのは業者としても当然の措置といえるでしょう。

 

したがって利用法としては、なるべく少ない金額を短期間で返済するというケースがもっとも向いていることになります。このように、利用の仕方によってそれぞれ適した金融機関の種類があります。

 

自分に合った金融機関を選ぶには、どれだけの額が必要で、返済にはどれくらいかかるのか、といった条件を十分考えておく必要があります。

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日