利用の仕方によって適した金融機関の種類

キャッシングを行う上では、どの金融業者から借り入れするかということが重要なポイントとなります。最近でも、違法業者による貸付のニュースなどをよく耳にすることがあります。

 

本来なら、誰も進んで違法業者から借りたいとは思いません。それでもいまだにあるということは、ニーズがあるということもまた事実なのでしょう。その点について、少し詳しい説明をしていきたいと思います。

 

まず、キャッシングのサービスを提供している会社には大きく分けて、「銀行」と「銀行系」、そしてそのほかの3つの種類があります。それぞれどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

 

信頼度の高い銀行カードローン

銀行といえば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、そして三井住友銀行といった大手がすぐに思い浮かぶと思います。このような銀行でキャッシングを利用するには、まずその銀行に普通預金口座を開設していることが前提となります。

 

銀行に口座を持つということは、その時点ですでに最低限必要な手続きや審査が済んでいるということになるためです。ただし、口座を持っていればすぐ利用できるというわけでもありません。その上で、さらにキャッシングを利用できるかどうかの審査が必要となります。

 

この審査は基本的に消費者金融にくらべ、内容が厳しいため時間も長くかけて行われます。したがって、すぐにでも借りたいという場合はあまり向いていないといえるでしょう。利点としては金利の低さや、ATMや支店が多く利用しやすい、そして何より大きいのが、銀行に対する大きな信頼感です。

 

まとまった資金に適した銀行系カードローン

これに対して「銀行系」というのは、資本に銀行が入っている金融機関を指します。金利も銀行から直接借りる場合にくらべると高くなりますが、消費者金融よりは低く抑えることができます。

 

また銀行と同じように、融資限度額が高めというのも利点のひとつでしょう。特に大きな資金が必要であったり、また複数の金融機関からの借り入れをまとめるときに向いています。

 

ただし、その分だけやはり審査は厳しめで、時間も長くかかるというデメリットも同時にあります。

 

誰でも借りやすいそのほかのカードローン

 

そのほかの金融機関には、資本に銀行が一切入っていません。特徴としては銀行や銀行系とは正反対で、審査は比較的通りやすく、借り入れまでもスピーディーに行われるのですが、その分だけ金利は高めに設定されています。

 

限度額も同様に低く、おおむね数十万円程度といったところです。やはりある程度しっかり返済できる確証がなければ、金利を高めに、限度額を低く、というのは業者としても当然の措置といえるでしょう。

 

したがって利用法としては、なるべく少ない金額を短期間で返済するというケースがもっとも向いていることになります。このように、利用の仕方によってそれぞれ適した金融機関の種類があります。

 

自分に合った金融機関を選ぶには、どれだけの額が必要で、返済にはどれくらいかかるのか、といった条件を十分考えておく必要があります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日