借入額が高額なほど低い利率が適用される

消費者金融系カードローンと比較すれば金利が低めなのが嬉しい銀行カードローンですが、最高金利と最低金利、どちらで借り入れしたいかと考えれば当然最低金利のはずです。

 

最高金利12%、最低金利3.5%の銀行カードローンがあるとして、そこから10万円を借り入れるならば3.5%の金利が適用されたほうがありがたいに決まっていますよね。

 

ただ残念ながら10万円という少額の借り入れ金額の場合、12%の最高金利が適用されるものと考えなくてはなりません。

 

自分の希望する融資額に適用される金利を比較することが重要

これは銀行カードローンに限らずカードローン全体にあてはまることですが、金利は借入額が高額になるほど低い利率が適用されるルールとなっています。

 

その基本ルールを理解できていないと、銀行カードローンを比較検討する際に最低金利のみを比較し、最も利率の低いカードローンを選びたくなるかもしれませんが、しかし本当は申し込み者自身が希望する融資金額に対し、どの金利が適用されるかを把握した上で比較しないといけないのです。

 

具体的には、銀行カードローンから100万円の融資を希望する場合、気になっている全ての銀行カードローンで同じ100万円を借り入れるのだと仮定し、各社で100万円の融資に対して適用される金利をピックアップして比較するのです。

 

そしてA社は最低金利が3%、100万円の融資に対しては10%の金利が適用さるというルールに対し、B社では最低金利5%、100万円の融資に対しては8%の金利が適用されるのであれば、申込者自身にとってお得なのはB社の銀行カードローンということになります。

 

いくら最低金利が他社より低くても、自分が希望する融資額には適用されないのであればそこを比較しても意味がありません。大事なことは最高金利や最低金利に目を奪われることなく、自分の融資希望額に対してどの金利が適用されるのか、そこをしっかりと見比べて本当にお得な銀行カードローンを選ぶことです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日