返済総額を減らせる可能性が高まります。

最近では、消費者金融会社のおまとめローンのような借り換えの出来る商品が、銀行のカードローンでも増えて来ています。

 

複数の会社からすでに借り入れを行っている方には、借り換えは返済を見直し計画を立て直すための一つの手段とも言えますが、銀行のカードローンの借り換えも選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょう。

 

今より金利が下がるのかが重要

 

おまとめローンや借り換えを利用するにあたり、必ず確認すべきなのは「本当に金利が下がるのか」という事でしょう。

 

中には借り換えをしても金利が変わらなかったり、むしろ上がってしまうという場合もあるので、借り換えをすると必ず金利が下がるというわけではなさそうなのです。

 

借り換えの一番のメリットは、金利が下がる事で返済総額が減ったり利息を減らせる事です。借り換えを検討する場合には、借り入れ総額に対しての金利は重要と言えます。

 

おまとめローン専用の商品も登場

 

銀行のカードローンは、キャッシング会社と比べて融資限度額が大きくおまとめローンとして利用できるものや、最近ではおまとめローンとして商品化されているものも存在します。

 

おまとめローンの場合、元からの金利が一般のカードローンと比べて低く設定されている傾向にあり、これを利用する事によって返済総額を減らせる可能性が高まります。

 

また、銀行のカードローンのサイト上には返済シュミレーターが用意されている事が多く、今現在の返済状況とおまとめローンを利用した場合の済を比較する事も可能となっています。

 

さらにはサポ―トセンターにて担当者と直接色々な相談も出来るので、借り換えをご検討されている方は是非銀行のカードローンのおまとめローンを候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日