銀行カードローンによって対処方法に違いがある

何かと便利な銀行カードローンですが、利用しているとついうっかりして「口座にお金が入ってなかった!」ということがあります。

 

ATMからの入金が間に合わなければ延滞扱いになってしまいますが、実はこれが一番リスクが大きいので、十分な注意が必要です。

 

もし延滞を起こしてしまうと、どんなリスクがあるのでしょうか。そしてその時の対処法としてはどんなものが適切なのでしょうか。その方法についてご紹介します。

 

保証会社から連絡が入る

銀行カードローンで延滞が発生すると、その旨を知らせるための督促状が届きます。

 

内容は支払が確認できなかったというものですが、場合によっては携帯電話にも連絡が入ることもあります。「延滞イコール取り立て屋の催促」となるわけではありませんが、だからといってそれで安心というわけではありません。

 

むしろ延滞によるリスクやデメリットが大きいので、延滞が起こらないように日ごろから注意をしておきましょう。

 

日数分の延滞損害金が課せられる

銀行カードローンで延滞が発生すると、その日数分に対して延滞損害金が課せられてきます。その内容は銀行カードローンによってそれぞれ違いはありますが、通常の利率よりも何割かが上乗せされるのが一般的です。

 

具体的に言えば、通常の金利が5%から15%程度であっても、延滞損害金が上乗せされることで20%にまで引き上げられてしまいます。それぞれの銀行カードローンによって対処方法に違いがあるので、万が一に備えて確認をしておきましょう。

 

この時には延滞損害金の計算式なども確認して、もし延滞したらどのくらいアップするのかについても十分に確認しておくことをおすすめします。

 

ちなみに計算式はこちらです。

 

【借入額(元金)×遅延損害金年率÷365日×延滞日数】

 

ブラックリスト掲載の恐れアリ

銀行カードローンの延滞で一番のリスクは、今後の信用情報に影響してしまうことです。

 

もしそうなってしまうと、限度額を増額したいという時にも認められないばかりか、頻繁に延滞を繰り返してしまうと減額されてしまう恐れがあります。

 

最悪の事態はブラックリストに掲載されてしまうことです。そのため、延滞だけはたった一度であっても起こさないように日ごろから心がけましょう。

 

まずは担当者に連絡をする

延滞が起きてしまいそうな場合には、すみやかに担当者に連絡を入れておきましょう。

 

仮に連絡を入れたからといって延滞扱いを逃れることができるわけではありませんが、何の連絡をしないよりはずっと好印象です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日