利用目的がなくとも借り入れが行える

銀行のカードローンと消費者金融会社は、どちらとも個人に向けた借り入れを行っていますが、違いを詳しく並べて下さいと言われると案外難しいのではないでしょうか。

 

特に銀行のカードローンは近年とても人気が高まっていますが、消費者金融会社と比べて何が具体的に違うのでしょうか。

 

下記で詳しく説明してみましょう。

 

すぐチェックしたいなら!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

融資目的が決められていない

銀行のローンというと、住宅ローンや自動車ローン教育ローンというように明確な利用目的がないと借りられないものしかありませんでしたが、最近の銀行のカードローンは、具体的な利用目的がなくとも借り入れが行えるようになっています。

 

勿論、道理から外れたような理由の場合は審査を通りませんが、借り入れたお金を旅行に使うのも趣味に使うのも自由なのがこれまでとは大きく違う特徴と言えます。

 

融資額の中なら何度でも借り入れが可能

例えば融資限度額が100万円であるなら、最初に10万円を借り入れた後5万円を返済後、再び2万円を借り入れて借り入れ金額の合計が7万円になっても大丈夫なのです。

 

勿論、借りた分の返済は必ず行いますが、融資限度額内であればこのような自由な出し入れが可能なのも、銀行のカードローンを利用するメリットでしょう。

 

金利が低い

銀行のカードローンは消費者金融会社と比べて金利が低く設定されている事が多いです。

 

なので同じ金額を借り入れたとしても、支払う利息分が変わって来るので返済総額にも違いが生まれます。利用する側にとっては非常にメリットのある事です。

 

インターネットからの申し込みが可能

銀行からの借り入れには、必ず窓口で担当者に対応してもらうといったイメージの方も多いと思いますが、銀行のカードローンは現在インターネットからの申し込みを受け付けているものが多いです。

 

また、即日融資に対応している銀行のカードローンもありますので、よりご自身の希望に合った借り入れが銀行のカードローンでも可能なのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日