非正規雇用でも利用できるのが特徴

大手銀行だけでなく、ネット専業銀行でもカードローンの取り扱いをするようになってきました。そのうちの一つが、「楽天銀行」です。

 

楽天銀行は、いわゆる「貸金業」でないため、「借り入れのできる金額が年収の三分の一以内」という条件をみたさなければならないという「総量規制」の対象外であるので、カードローンを契約できる人は、主婦やフリーターといった非正規雇用といった人にも間口が広いのが特徴となっています。

 

そのため、他の銀行よりも審査が緩いと言われています。そして、何よりも楽天銀行のカードローンは、金利が優遇されるキャンペーンも行っていたり、主婦といった職業の人を対象にしたキャンペーンも行っているので、申し込みもしやすくなっています。

 

そんな間口の広い楽天銀行のカードローンの特徴を紹介します。

 

  • 商品名 : 楽天銀行スーパーローン
  • 最大利用限度額 : 500万円(10万円単位で選択可)
  • 年利 : 4.9%〜14.5%
  • 返済方法 : 口座振替、提携コンビニのATM、ネットバンキングから選択可
  • 保証人 : 不要

 

楽天銀行スーパーローン


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.9%〜14.5% 500万円 最短即日 なし

 

申し込みしやすくても、しっかり審査を行っています

 

前述したように、楽天銀行のカードローンは比較的間口が広いのが特徴ですが、以前は審査の内容の一つに、「年収が300万円以上無ければならない」という制限がありました。

 

つまり、月収で換算すると25万円以上の給与がない人は審査を通過できず、カードローンの契約が出来ませんでした。今はそのような条件が緩和されていると言われていますが、主婦やフリーターでも、審査で「返済能力があり、問題ない」と判断される必要があります。

 

楽天銀行のカードローンを申し込むにあたって、これだけはクリアしなければならない条件が以下の条件になります。

 

楽天銀行カードローン申込条件

 

  1. 満年齢20歳以上60歳以下の方
  2. 日本国内に居住していること
  3. 本人が仕事に就いており、毎月安定した定期収入があること
  4. 保証会社である楽天クレジット株式会社の保証を受けることができること

 

以上4つの条件を最低限満たさなければ、楽天銀行のカードローンは利用できませんが、条件は他の銀行のカードローンより厳しいわけではありません。ただし、3番目の条件の「定期収入」はいくらでもいいというわけではありません。

 

定期収入の目安ですが、税込の年収が300万円以上必要とされています。月収換算では、税込25万円以上無ければなりません。もし、この条件を満たしていない場合は、審査でNGになってしまうことになります。

 

もし、楽天銀行のカードローンの審査に落ちてしまった場合は、半年間は出来なくなるばかりか、審査で落ちたことが信用情報機関に履歴として残ってしまい、他の銀行のカードローンの申し込みが出来なくなる可能性が高まります。

 

慎重に申し込む必要があるので、事前にシミュレーションが出来れば、信用情報にも傷を付けずに済みます。匿名でシミュレーションでき、審査に通過できるかを無料で調べるサービスがあります。その名称ですが、「くらべる君」という名称になります。

 

必要な項目を入力して行けば、審査結果もすぐわかるので、緊急でお金を借りたい人や複数のカードローンを同時に審査してくれる機能もあります。楽天銀行のカードローンは、他のカードローンにありがちな年会費や入会費といった手数料が取られないですし、ネット上から簡単に申し込みできます。

 

申し込みのしやすさも考えると、楽天銀行のカードローンは有利な選択肢になっていますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日